北朝鮮「大物将軍」亡命説のミステリー

韓国の情報機関、国家情報院(国情院)は20日、与野党議員に対し北朝鮮情勢などについて報告した。

それによると、今年に入り北朝鮮の海外駐在官20人が韓国へ亡命したという。その中には、金正恩氏の統治資金を管理する高級幹部も含まれているとされる。

この情報についてはデイリーNKジャパンも独自に把握していたが、件の高級幹部が韓国にどのような情報をもたらしたかについては、国情院のガードが固くなかなか知ることができない。

軍事機密が韓国に筒抜け

それにも増して気になるのが、朝鮮人民軍「大物将軍」の亡命説の真偽だ。


NKRへようこそ

広告の表示をお願いいたします。

NKNをご覧いただきありがとうございます。


皆様に広告を表示していただくことで、

無料でニュースを提供しています。


アドブロック機能を解除いただき、

以下のリフレッシュボタンから

表示のご協力をお願いいたします。

 

リフレッシュ