金正恩「残酷病院」から脱走者が相次ぐ…わずかな睡眠で死者多発

北朝鮮で2日、朝鮮労働党中央委員会第7期第14回拡大会議が行われ、金正恩党委員長の司会の下、新型コロナウイルスを巡る国家非常防疫活動などについて討議したと、朝鮮中央通信が伝えた。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

会議ではまた、金正恩氏が国家の最優先プロジェクトに位置付ける平壌総合病院の建設推進も話し合われたという。

だが、デイリーNKの現地情報筋によれば、同病院の建設現場では1日平均で3人が事故で負傷または死亡しているとされる。5月中旬からの1ヶ月間だけでも、墜落死した兵士や労働者は19人に及ぶという。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

ただでさえ栄養状態の悪い兵士たちが無理なスケジュールで作業を強いられれば、事故が起きない方が不思議というものだ。

(参考記事:北朝鮮「骨と皮だけの女性兵士」が走った禁断の行為

「1日4〜5時間の睡眠で、厳しい労働に追いやられている兵士たちが、現場で居眠りをして足を踏み外す事故が多発している」(情報筋)