金正恩氏「健康不安」で妹・金与正氏を後継者に指名か

韓国紙・中央日報(日本語版)は21日、脱北者の安燦一(アン・チャンイル)世界北朝鮮研究センター理事長が前日、自身のユーチューブ「安燦一TV」で、「昨年10月に金正恩が白頭山(ペクトゥサン)を訪問した際、随行した幹部に『私の後継者は(妹の)金与正同志』と話した」と伝えたことを報じた。

女性兵士への虐待で対策

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

同紙によると、安燦一氏はこの中で、「金正恩の健康が良くないため、1月にフランスの医療関係者が極秘で平壌(ピョンヤン)を訪問して金正恩を治療した」としながら、「若い年齢(36)にもかかわらず健康が良くない点が後継者指名を急いだ理由であるはず」と説明し、さらに「トランプ政権が米国に敵対的な人物を相次いで除去している点も意識した可能性がある」と付け加えたという。

これと同様の分析は、すでに他からも出ていた。