北朝鮮「マスク密輸」の背後に妹・金与正氏の影

北朝鮮は新型コロナウイルスの拡散防止のため、今年1月28日から中国との貿易を全面的に停止し、31日からは国境を完全に封鎖した。だがそんな状況下でも、国家から半ば公認を得て、中朝間の密輸を主導する会社がある。

中国の貿易業者の間では「新型コロナウイルスで国境が封鎖されたが、鴨緑江から鉱物資源を密輸する(北朝鮮の)外貨稼ぎ会社がある」との話が広がっていると韓国デイリーNKの現地情報筋は証言する。社名を知る者は少ないが、権力中枢の大物が承認した「ワク」(輸出許可証)を持っているのではないかと噂されているという。

普通のトイレを使えない

ある中国の貿易業者は、そのような噂が流れていて、探し出して取引したという中国の業者が非常に多いと情報筋に述べている。


NKRへようこそ

広告の表示をお願いいたします。

NKNをご覧いただきありがとうございます。


皆様に広告を表示していただくことで、

無料でニュースを提供しています。


アドブロック機能を解除いただき、

以下のリフレッシュボタンから

表示のご協力をお願いいたします。

 

リフレッシュ