ウクライナ戦争の背後で「韓国VS北朝鮮」の武器供給合戦

ドイツが自国製の主力戦車「レオパルト2」のウクライナに対する供与を決断した。これを受けて、同戦車を保有するNATO各国の対ウクライナ供与の動きが本格化している。

中でも、いち早くレオパルト2供与の意向を示していたのがポーランドだ。ドイツ政府がロシアを刺激することを警戒し、供与決断に二の足を踏んでいた際にも、強く背中を押したのがポーランドだった。

旧東側のポーランドは早くから、旧ソ連型T-72系戦車をウクライナに送ってきた。それらはポーランド軍の装備としては旧式だが、こんどは現主力とも言えるレオパルト2を送るのである。

しかし、飛び地のロシア領カリーニングラード、そしてロシアの同盟国ベラルーシと国境を接するポーランドにとっても、今は国防力を強化するときだ。そのため、ウクライナへの戦力供与で生じた空白を埋めるため、ポーランドは韓国製K2戦車を980両以上導入する計画を決めた。同国はさらに、韓国からK9自走砲とFA50軽戦闘機、多連装ロケット「天舞」も爆買いしている。

韓国はウクライナに対して兵器を直接提供していないし、今後もその計画はないようだ。ただ、韓国のNATO加盟国に対する兵器輸出が、ポーランドがレオパルト2の対ウクライナ「供与運動」を主導する上での一助にはなったかもしれない。

また、ウクライナ戦争との関連で韓国から兵器を購入したのはポーランドだけではない。