金正恩、期待のドローン部隊指揮官「いけにえ」で処刑

責任は現場にのみあるのではなく、上級幹部にもあるが、責任が問われる事態となれば、自分たちの首が物理的に飛ぶことになりかねない。それを避けるために、下級幹部に罪をなすりつけて、重罰に処す。

自分が生き残るためには、部下の首を差し出す。それが北朝鮮の「処世術」なのだ。
(参考記事:北朝鮮で「人望ある幹部」たちのクビが飛んでいる