金正恩、期待のドローン部隊指揮官「いけにえ」で処刑

「苔灘無人機部隊はまともな訓練を行ったことがなく、総参謀部や国防省装備総局も、今まで技術的な部分に全く気を使っていなかった。たまたま検閲で問題になったから、責任指揮官をスケープゴート(いけにえ)にしたのだ」

総参謀部と国防省装備総局は大規模な演習後に、人員と装備について点検と報告を行うことになっているが、最高司令部、つまり金正恩総書記の大きな期待を受けていたドローンが、メンテナンス不足で錆びた鉄の塊と化していたことをもみ消すには、あまりにも政治的負担が大きいと考えたようだ。

部下の首を差し出す

そこで、責任を副大隊長になすりつけ、さっさと殺してしまったというのが、情報筋の説明だ。