「この犬野郎、殺すなら殺せ」頑強に抵抗した北朝鮮女性たち

市場で商売をするには市場管理費、つまりショバ代を当局に納めることになっているが、その余裕すらない人々は市場周辺の路上で商売をしている。市場外で商売をされると、ショバ代の取りはぐれになるため、取り締まりの対象としているのだ。
(参考記事:「女性イナゴ商人」踏みにじる金正恩体制に北朝鮮国民が反発

別の情報筋は、今月初めに平安南道(ピョンアンナムド)殷山(ウンサン)で起きた出来事を伝えた。

家の前の路地でタバコを売っていた60代女性。そこに地域担当の安全員がやって来て「商売をするなら市場でやれ」とイチャモンを付けてきた。タバコを没収しようとする安全員に、女性はしがみつき、タバコを返せと訴えたところ、暴力を振るわれた。