【北朝鮮 最新映像】警察と対峙する「女性商人」たち

荷物を持って一斉に立ち上がり、不安げに何かを見守る女性たち。中には急いで逃げ出す人もいる。これは、中国国境に面した北朝鮮の両江道(リャンガンド)の恵山(ヘサン)で撮られた動画だ。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

撮影はおそらく、川向うの中国側から望遠レンズを使って行われたものと思われ、画質は良好ではないものの、人々の不安な表情はよく見て取れる。

女性たちは、公式に認められた市場の外の路上で露店を開き商売する「イナゴ商人」たちだ。
(参考記事:【最新 北朝鮮内部映像】取り締まりに逃げ出す「イナゴ商人」たち

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

本来、商売をするには市場使用料を支払い、市場の売台(ワゴン)を借りることになっているが、それを払うだけの儲けがない商人や、支払いを嫌う商人は、市場周辺の路上で露店を開いている。取り締まり班が襲来すると、風呂敷に品物を包みあっという間に逃げ去る様子から「イナゴ商人」と呼ばれている。

当局は事実上の税金にあたる市場使用料の徴収のため、露店に対する取り締まりを強化している。動画は、取り締まりの開始直後に撮影されたものと思われる。
(参考記事:「女性イナゴ商人」踏みにじる金正恩体制に北朝鮮国民が反発

運悪く取り締まりにひっかかれば、商品は没収され、暴力を振るわれたり性的な関係を強要されることもある。ときには激しい抗議で対抗することもあるが、悲劇的な事件も起きている。
(参考記事:「私たちは性的なおもちゃ」被害女性たちの血のにじむ証言を読む

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

5月には、国内有数の規模を誇る清津(チョンジン)市の水南(スナム)市場の近くで、女性商人に乱暴を働く安全員(警察官)を、軍官(将校)を自称する男性が制止制止。逆切れした安全員と糾察隊員らが「軍人だからって何だ、なぜ業務を妨害するのか」と男性に殴る蹴るの暴行を加え、死亡させる事件も起きた。
(参考記事:庶民に味方し権力の横暴に立ち向かった北朝鮮軍将校の悲劇的な死

一方、動画の中の女性たち全員がマスクを着用していることも確認できる。物資不足、経済難の中でも、マスク着用は定着しているようだ。